FC2ブログ

-IDEAL-

内容はネットゲームのラグナロクオンラインの事とリアルであった日常のこと。 自分の好きな事を書いていきたい☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルジャーノンに花束を

最近本とドラマの方を読んでるんですが両方すごくおもしろいです。
俺はどっちかというとドラマの方がいいかな。
本だと元々外国の人が書いてる事もあって外国の人の感情よりになってると俺は思うんです。
でもドラマの方だと日本人が作ってるので日本人にうけるような作りになってると思うんですわ。
それもあってドラマの方がよかったかなぁ。
なので今回はドラマを見た感想を。

元々は小さい頃にドラマでやってるのを見てたんですがその頃はまだ人の気持ちの動きとかがよくわからなかったんであまり印象には残ってなかったんですが俺も成長して今一度見てみると共感できるとところやドラマに入り込んで同じ気持ちになれたり、その時のその人の気持ちを自分なりにわかったりしてすごく楽しめました。
てか、随所に感動させられるところが・・・。
一話一話みて泣いてしまいました;;

このドラマの見所といったらやっぱり主人公ハルの頭の悪いところから頭がよくなっていき、そしてまた元にもどってしまうまでの気持ちの変化、葛藤でしょう。あとはエリナ先生のハルへの気持ちも見所ですな。
ハルが頭がよくなるにつれて今までわからなかった事がわかるようになっていき、そのわからない事がわかるという喜びと今まで自分が知らなかった人の気持ちがわかるようになっていく。それはけしていい事だけではなかった。
今までみんなが自分を見て笑ってたのは自分をバカにして笑ってただけなんだってことに気づく。「頭の悪い僕はそんなことも気づかなかったのか・・・何が友達だ!みんなは僕をみて笑ってただけじゃないか!僕はもうバカにされるのは嫌なんだあ!!」っていう心の叫びがあるんですが、見ててその時のハルの気持ちが伝わってきました。
こうゆう心の叫び、葛藤がいたるところにあります。
そして頭がよくなるにつれて人を見下すようになっていき人間関係もどんどん悪くなっていってしまい、それに悩むハル。
知能が低下していく段階になると今度は人を思いやる気持ちであふれるハルへと変わっていきます。
詳しくは書きませんのでぜひ見てみてください!


あとハル役のユースケサンタマリアだけど難しい役だったのによく演じたなぁと関心しました。やっぱ役者ってすごいな。
よく知能が低い状態のハル、知能が上がっていく時のハル、知能が最高にまで上がったハルを分けて演じれるなとおもいましたよ。
全部ちゃんとそうゆうふうに見えたもん。
まぁ見えなきゃドラマにはならないけどさw

一応持ってるのみたい人がいったらいってくださいな!
見たらはまっちゃいますよ(☆∀☆)

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tatsu0318.blog48.fc2.com/tb.php/85-4b052cce

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。