-IDEAL-

内容はネットゲームのラグナロクオンラインの事とリアルであった日常のこと。 自分の好きな事を書いていきたい☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

riya 僕らの恋

今回は最近ちょっと気になった曲を紹介しようと思います。
友達からメッセでもらった曲なんだけど聞いたときにもうこれいい!って思える曲でした。

まずは歌詞を。


セミたちと並んで壁に向かって落書きした
ここからは遠い海の絵を この夏はまだ始まったばかり

次の朝 その前に女の子が立っていた
こんなわたしでもいいならと僕の絵を一緒に塗り始めくれた

ふたりきりの海を広げよう どこまでも続くような
ただ君の塗った跡は赤色に染まっていた

この場所に集められた人たちはみんな同じ
何かを失い続けてた
僕はまだ人を愛することができない

いつからかみんなが手に筆を持ってた 話をして
笑いながら色を塗ってた
この夏の課題にしようと決めた

僕たちの海を広げよう どこまでも続くように
君の笑顔をそばで見ていたらそう思えた

でもしょせん僕たちは壊れてて傷つけて 失って生きていく 
初めからわかってた でも
僕は君が好きなった 守りたいそうおもった 
それでも僕らは壊していくから 何ひとつ守れない

いくつもの季節が過ぎても僕はここでひとり
壁に向かって絵を描いてた

僕はまだ人を愛することができない

どうして泣いているんだろう この空を描き終えれば
長かった夏が終わる 君を好きでいた夏が
溢れる涙は止まらずに 泣きながら描ききった
もう誰もいない海 君と目指してた海



最後の「どうして泣いているんだろう~君と目指していた海」
の部分がすごく悲しい、切ない。
全体を通して聞くと自分の中で一つのストーリーとしてその情景がうかんできます。
曲の最後に波の音が聞こえてくるのがまたすごくせつなくて寂しい感じが自分には感じられました。

この歌手のriyaって人の声もこの曲にマッチしてる気がするんだよなぁ。なんか繊細で透き通った感じの声。

切ない系の歌が好きな人はぜひ一度聞いてみることをおすすめする。
気になったら俺かヒロにメッセで!
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。